雄琴のソープ街にある20代前半ギャルばかりの店

By | 2014年2月3日

在籍する女性の平均年齢が20歳前半という若線ギャル中心のソープ店がある。
近年の若い女性の多くは援助交際を経験しており、
身体を売って金を稼ぐということに抵抗は高くない。
むしろ一度でも援助交際で大金を稼いだ女性たちにとっては、
合法で働くことのできる風俗はとても魅力的で
逮捕されるリスクもなく安心して働くことができるのだ。
そしてさらに大きく金を手にすることができるソープは、
彼女たちにとって本番行為がどうであれ
よりてっとり早く稼げる業種なのだ。
それにソープランドと聞けば、
礼儀や講習による指導が厳しい世界と言われてきたが
いまではそういった風習もほとんどなくなってきており
若者が集まり易い環境に変わりつつある。
そしてその先駆者的風俗店として
このソープ店は他を大きくリードしているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です